名誉 ・2004年5月27日生まれの女の子 遊姫・2004年11月4日生まれの女の子


by pc911

￿発信源


イタリアングレーハウンドと生活するようになり、同じ犬を飼う方とお知り合いになりたいと思いブログをはじめました。
最初、地方のイタグレちゃんと知りあいました。
その一カ月後くらいに、自分の住む市内にもたくさんいると知りました。
遠くの方に「近くにいるよ」と教わったんです(笑)。
めちゃくちゃインドア派だったわたしが、近所で人と会っておしゃべりしたり、遠くオフ会に遊びに行くようになりました。
ブログは予想以上の力を発揮し、たっくさ〜〜んの方々とお知り合いになることができました。

最初のうちは一日10カウントくらい。
「10人くらいの人しか読んでくれてないんだ〜 もっといっぱいの人に読んでもらいたいな〜 知り合いたいな〜」
と思ってました。
でも、その数字にもう一つ0がつくくらいになりました。
もちろんとても嬉しいことですが、その反面ものすごく怖くもなりました。

半年も経たないうちに、不特定多数の人が読んでも気を悪くしないであろう文章を書くことにとても神経を使うようになりました。
ブログってのは自分の日記なわけですから、何を書いたってかまいません。
でも、現代のこのブログってのは人に読んでもらいましょうってとこが大きいです。

書きたいことは溢れてくるのですが、何度読み返し何度打ち返しても「これは、わたしの真意とは違って読めちゃうかも……」と心配がつきません。
全く知らないならどーでもいいと割り切れるんですが(笑)、 不特定多数ではありつつもだいたいなんとなくなわけですから、なんともこうびみょ〜なわけです。
そりゃわたしもできることなら人から嫌われたくはありません。
100人が読んで100人が「賛成!」「反対!」なんてありえません。
そんなの気持ち悪いし、あったらいけないことです。
でも、そうゆうのとはまたちょっと違うんですね。
知らずしらずのうちに人を不快にしてないだろうかという恐怖心でいっぱいになりました。
人はみなそれぞれに多かれ少なかれ影響力があります。
「わたしなんてぇ〜 そんなことないわ〜」というのは間違いです。
生きて存在していれば、それだけでいろんなことが発生しますから、わたしが何を書こうと書かまいと人を傷つけることもあれば笑わせることもあるんです。
ですから、わたしのもった恐怖心はものすごくおこがましいことです。

多くの方々と知り合えて、楽しい時をたくさん過ごし、開設の目的は果たせました。
そして、それと同時にスタートの時とはだいぶ違ってしまった感覚もありました。

現実の世界でも、ネットの世界でも、人はみな言いたいことを言い、やりたいことをやって生きているのではありませんね。
でも、互いが互いを受け容れ、できるだけ多くの自分を表現して生きられる世の中がいいと思います。
同じことをするにも表し方はいろいろで、自分を満足させるのは自分の方法しだいです。

そしたら￿(変な接続詞ですが)またブログを再開しす。
あの頃の私に戻ってあなたに会いたい……です(笑)。
[PR]
by pc911 | 2006-02-13 14:43 | 我。が。